スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

会社の賃金設計を考える・・

私には大学4年生の子供がおります。
自宅から通学するのには遠いので、
学校のそばにアパートを借りて、一人暮らしをしています。

学費を払い、仕送りもして、
子供1人に、1年間で約280万円かかりました。

最近、自宅から通える大学しか受験させない家庭も多いですが、
事情はよくわかります。

現在、私の年齢は49歳で、
私の主人は48歳です。

主人は会社員なので、会社から毎月給料をもらっています。

ここ数年は、給料が上がっていません。
それどころか、わずかですが毎年金額が落ちているのです。
昇給はしているのですが、基準値そのものが下がっているので
最終的には減額です。

業務として、いろいろな会社から賃金設計の見直しを依頼されるのですが、
だいたいの会社で話されることは、

「中高齢層の賃金をどうにかしたい。」

もっと具体的に言うと、

「管理職等、一部の社員を除いてある程度のところで昇給をストップさせたい。」
もしくは、
「管理職等、一部の社員を除いて給料を減額したい。」

ということです。

中高齢層の賃金処遇に悩んでいるんですね。

会社としては「働きの割には、給料額が多いのでは・・」とさえ思っています。

次回に続く・・・




スポンサーサイト

  • 2017.05.23 Tuesday
  • -
  • 17:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

セミナー案内

現在、案内中のセミナーはございません。

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:46 最後に更新した日:2017/05/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM